刻んだ小ねぎをかけて完成です。 冬本番は大根が最高に美味しい季節 冬は大根がとても美味しい季節ですね。 油…大さじ1• 大根…約5cm• 鮭フレーク…大さじ3• ベビーリーフ…1パック• 鮭…2切れ• 裏返して同様に2、3分ほど焼きます。

9
同じフライパンに水気を切った2を入れて中火で焼きます。 鮭の両面が焼けたら取り出し、大根を並べ入れて焼き色がつくよう両面焼きます。

鮭の切り身の横で尻尾の近くだけを集めたパックが大変お安く売られていたりします。 器にベビーリーフ、大根、鮭、オレンジを入れ、軽く混ぜます。 鮭は3等分に切ります。

大根は皮をむいて半量をすりおろし、水気を切ります。

塩胡椒…少々• 大根…250g• 器に粒マスタード、白ワインビネガー、蜂蜜、醤油を加え、混ぜながらオリーブオイルを少しずつ足します。

6
圧力鍋の底に大根を並べ、その上に鮭を皮目を下にして並べます。 【材料】• 結構文章にすると面倒くさく見えるけど、簡単なんですよ!. 蓋をセットして火にかけ、シュッシュとおもりが振れるようになってから1分ほど加熱、そのまま火を止めて2時間ほど放置しておきます。

いりごま(白)…小さじ1 【手順】• うまみが染みた大根もよく食べてくれます。 4を入れて中火で煮詰め、汁気がなくなり、全体に味がなじんだら火から下ろします。 鮭(生食用)…200g• フライパンに油をひいて熱し、鮭を皮目から入れて両面焼きます。

6
鮭の骨があれば除き、一口大の大きさに切って、薄力粉を全体にまぶします。

鮭は両面に塩を振り、大きめに切ります。

3
両面を3分ずつ焼き、焼き色をつけます。

我家の子ども達はぶり大根の煮たぶりのパサ付きがちょっと苦手なのですが、鮭大根はパサ付かないので子ども達も大好きです。 圧力鍋の底に大根を並べ、その上に鮭を皮目を下にして並べます。 鮭を戻し、醤油、水、顆粒だしの素を加えて煮ます。

17
。 塩、こしょう、残りのマヨネーズ大さじ1、鮭フレークを加え、全体に行き渡るよう混ぜます。

鮭は一口大に切り、塩を振ってしばらく置き、水気を拭き取ります。 大根…400g• かぶるくらいの水を注ぎ、煮立ったら弱火で5分煮ます。 水菜…30g• 塩…少々• ベビーリーフは袋から出します。

15
器に盛り、水菜をのせ、いりごまを振って完成です。 フライパンにマヨネーズ大さじ1を中火で熱して少し溶かします。

湯を切って皿に並べ入れ、おろしをかけます。

12
(物語には登場せず、豆知識のコーナーや小説版の会話の中で義勇の好物として記されているものの為、想像で作っている、我家の定番メニューです。