。 子宮が広がろうとする痛み 生理痛に似た痛みがあると、『腸ではなく、婦人科系の痛みかな』と想像できますね。 お腹の赤ちゃんの中枢神経(脳・脊髄)が発達する妊娠初期(~15週目)までは、その成長を助けるためにも妊婦さんの葉酸摂取は欠かすことができません。

妊娠初期の12週までは、流産が発生しやすい時期と言われており、この時期に起こる流産の原因は、胎児側の染色体異常によるものが多いそうです。 この上行結腸という部分に便が溜まってしまい炎症を起こして、チクチクとした痛みを感じてくることになります。

【妊娠超初期症状であれば】生理予定日を過ぎても生理が来ない、高温期が続く 排卵の前後に性交を行い、生理予定日を一週間過ぎても生理が来ない場合は妊娠の可能性があります。

18
便秘や下痢が要因でお腹がチクチクすることもありますが、切迫流産の場合はお腹の状態によって入院が必要になることもあります。 心配しすぎと思ってしまったり、迷惑なんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、お腹の赤ちゃんのことを第一に考えて遠慮せず主治医の診断を受けてくださいね。

切迫流産と診断された場合は、入院か自宅安静が必要になります。

8
婦人科、胃腸科、消化器内科、内科、心療内科などの病院のいずれかを選択して治療を受けてください。

子宮を支えている靭帯が引っ張られることで、痛みがでるケースもあります。 妊娠が継続している限り、赤ちゃんは育ち、血腫の影響が及ぶことはないと言われているそうで、妊娠5ヶ月くらいで治まる方も多いのだとか。

20
Q腹痛があったら、夜間でも受診したほうがいいの? A安静にして痛みが落ち着けば、すぐに受診する必要はありません。

妊娠中に起こる下腹部痛の原因多くの妊婦さんが妊娠中に経験する下腹部痛は、さまざまな原因が考えられるため、下腹部痛が起こるタイミングもさまざまですが、妊娠初期に下腹部痛を感じる人が多いといわれています。 このことから、引っ張られるような痛みが生じるのです。

5
人によっては、下腹部の右側か、左側か、どちらかにチクチクとフォークで刺すような痛みを感じます。

程よい温かさが持続するので、お腹を中心として心身ともにリラックスできます。 また、 下腹部の右側に痛みが発生している時は、大腸の「上行結腸」という箇所にの憩室に炎症が起きております。 妊娠初期は流産がもっとも起こりやすい時期、この時期の下腹部痛には注意すべきポイントがたくさんあります。

6
卵管が閉塞してしまったり癒着してしまったりすると、子宮外妊娠や不妊症になることもあるのです。